fc2ブログ

今日もでかけよう!鉄道写真と温泉のブログ SEAZON2 続編

私の撮り鉄のスタイルはどこで撮ったのかが解るように駅撮りが基本です また、撮影後は疲れを癒しによく温泉にも行ってます

みなさん、こんばんは



今日の北海道地方は夏らしい陽気になった所が多々ありました
わが町も最高気温は28.7℃まで上がりましたが、居間の温度は外気とほぼ同じ28℃だったのでエアコンの発動はありませんでした

そんななかで今日も午前5時からの仕事に行き、帰宅後はコンビニで買ったアイスクリームを食べてから昼寝を決行しました
その昼寝から目覚めたのは午後6時

約2時間ほどでしたが熟睡したかなぁ
そんな今は食事を終えてから居間でマッタリと寛ぎながらこのブログを更新しています





ということで、今夜も遠征記の続きです
前回は仙山線の駅めぐりをし、お昼は塩釜市内にあるお寿司屋さんで豪華な食事をしました

そんなこの日は持っていたきっぷの有効期限が最終日だったので、この日のうちに北海道に戻らなければなりません
午後1時前に豪華なお寿司を頂いてから塩釜市内を散策し午後2時に妻と待ち合わせをしていた仙台駅に行きました

次に乗る新幹線の時間まで約1時間40分
この時間の間にどこに行ったのかというと・・・








20160629-1.jpg


20160629-2.jpg


20160629-3.jpg

宮城県仙台市青葉区中央   末廣ラーメン本舗 仙台駅前分店

なんと、前日の夜に牛タンを食べに行く途中でこんなラーメン屋さんを発見してしまったのです
ここでラーメンを食べてから新幹線に乗るべく仙台駅へと向かいます








20160629-4.jpg


20160629-5.jpg

15時54分発のはやぶさ23号に乗れば新函館北斗駅には18時32分に着きますが








20160629-6.jpg

私と妻が乗ったのはやまびこ53号でした
盛岡駅では少々時間があったので駅周辺を散策し








20160629-7.jpg

はやぶさ25号に乗車しました
そして、私と妻が下車したのは終点の新函館北斗駅ではなく








20160629-8.jpg

なんと、この遠征で最初に下車をした八戸駅です
ここでは4時間の時間を取り、この遠征で最後の散策です

駅からはバスに乗り








20160629-9.jpg

青森県八戸市大字尻内町張田

こんなバス停でバスを降りました
ただ・・・

ここに降り立ったのは午後6時半過ぎだったのですが、帰りに乗るバスの時間を調べたらすでに最終のバスは午後6時台で終わり
さすがに駅までの2キロの道のりは遠かったので、帰りはタクシーに乗って駅まで行きました

はて、このバス停で降り立ちどこに行ったのかというと








20160629-10.jpg


20160629-11.jpg

青森県八戸市大字尻内町熊ノ沢   熊ノ沢温泉

ここでこの遠征の疲れを全部落とすことにしたのです
料金はおとな450円とリーズナブルな値段で、営業時間は7:00~22:00です

ここでは1時間30分ほどのんびりと湯浴みをしてから温泉をあとにして駅に向かいました
そして、またここで問題が発生です

八戸駅に戻ったものの、午後8時過ぎにやっている飲食店が見当たりません
ここで、仕方なく駅の敷地内にあったレストランで食事をすることにしました








20160629-12.jpg


20160629-13.jpg

この遠征で最後に食べたのは鉢マグロ山かけ丼定食とオプションで付けたせんべい汁です
ここで食事を終えてから駅周辺を散策・・・

なんて思ったのですが、去年降り立った新青森駅同様に駅周辺には目立って商店などが見当たりません
きっと街の中心は八戸線の本八戸駅周辺なのでしょう

なので、駅からは離れないで小一時間ほど駅の待合室でこの日のブログを更新していました








20160629-14.jpg

そして、この旅で最後に乗るはやぶさ33号に乗り北海道へと戻ったのでした
ただ、新幹線の車内では盛岡駅以北??ではトンネルも多く電波の届かない所が多いのでスマホが使えず

そうこうしている内にウトウトしていると気が付いたら新函館北斗駅に着く寸前のアナウンスで目が覚めました









20160629-15.jpg

1366M  函館行き はこだてライナー

私と妻が乗ったはこだてライナーは翌午前0時05分に函館駅に到着しました
そして、このあとは函館駅の駐車場に止めてあった我が愛車に乗り込み今宵はセコク道の駅で車中泊をしたのでした





はて、明日は今日の仕事とは一転し午後1時からの仕事です
なので、今夜は寝溜めを決行です

では・・・





爺じゃ

Author:爺じゃ
みなさん、こんにちは
管理人の爺じゃと申します

名の通り以前はパチスロに明け暮れる日々を送っていましたが、あることをきっかけに鉄道写真を復活しました

私の撮影場所の多くは駅です
たかが駅撮りなのですが、私にとって「どこで撮った」のかが解るように。との選択の結果です

撮影場所もかなり偏ってしまいつまらないかも知れませんが、どうぞちょっとだけでも見てやってください

QR

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2Blog Ranking

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -