fc2ブログ

今日もでかけよう!鉄道写真と温泉のブログ SEAZON2 続編

私の撮り鉄のスタイルはどこで撮ったのかが解るように駅撮りが基本です また、撮影後は疲れを癒しによく温泉にも行ってます

みなさん、こんばんは



今日は多くの企業で年度末を迎えました
私の勤める会社では本日付で人事異動があって、同じ部署にいた5名が異動しました

そんな私はというと、昨日・今日と仕事は休みだったので異動をする同僚とはお別れはせず
家で休日を寛ぎました

昨日のお休みは午後から車で約86キロほど駆けて








20210331-1.jpg

札幌市北区にあるディノスボウル札幌麻生店に行ってきました

当のご本人は店舗で一度も見ることなく終わりましたが、プロボウラーの寺下智香さんがスガイディノスを退社するようで
グッズくらいは売ってるのかな? なんて思ったのですが、何にも売ってませんでした

おまけに札幌麻生店だけはシニア料金の設定がなく通常の料金での投げ放題でした
もう行くのはスタンプラリーの時だけかな・・・

そして、連休二日目の今日
さすがに二日連続でボウリングには行かずに、長い冬を越した愛車の洗車をしてきました








20210331-2.jpg

まずは、水垢鉄粉取りカーシャンプーで車を洗いますが、鉄粉は程よく取れたと思うのですが
水垢の方がイマイチな感じ

コイツは使い切ったら二度目はないな
ボディの汚れを落としたら、今度はガラスです








20210331-3.jpg

フロントガラスと運転席・助手席の窓ガラスはコイツを使って念入りに油膜落としです
多くの方は油膜落としはせずにそのまま撥水加工をしているのかな

そして今度はリアガラスと後部座席方の油膜取りですが








20210331-4.jpg

この3面には強固にウロコが付いているので、ウロコ取りの商品を使ったのですが
油膜はきれいに落ちたのですが、肝心なウロコは取り切れず

この商品も二度目はないかな・・・ もう少し高くてもシュアラスターの商品を買っておけばよかったな
ここで窓ガラスの油膜取りが終わったら、もう一度カーシャンプーを使って洗車をし








20210331-5.jpg

コーティング剤を塗り込んでボディケアはお終いです
窓ガラスの油膜取りが終わってるので








20210331-6.jpg

窓ガラスには撥水加工をし








20210331-7.jpg

ドアミラーには親水加工をしました
ただ、この商品は二度塗りはしちゃいけないので、塗り上げる時にそうならないようにしないと








20210331-9.jpg

こんな感じで失敗作になっちゃいます
また次回洗車しに行った時にやり直しかな

ちなみに、洗車をする時にボディなどを拭き上げる時は雑巾ではなく








20210331-8.jpg

マイクロファイバークロスを使うとよりよく仕上がります
じっくりと3時間も掛けて洗車をしたあとは家に帰り、使ったクロスやスポンジを洗濯しました

明日は午前3時に起床をしての仕事なので、このブログを更新したら布団に直行です
ということで、今夜は今春のダイヤ改正で廃止になった北剣淵駅の画でゴマカシです










20210331-10.jpg


20210331-11.jpg


20210331-12.jpg


20210331-13.jpg


20210331-14.jpg


20210331-15.jpg


20210331-16.jpg


20210331-17.jpg


20210331-18.jpg


20210331-19.jpg

はて、最後に北剣淵駅で列車を見送った時にキハ183系代走の特急サロベツが来ましたが、残念ながら幕は特急
サロベツの幕はなくなっちゃったのかな・・・

ということで、そろそろ寝ます
では・・・














爺じゃ

Author:爺じゃ
みなさん、こんにちは
管理人の爺じゃと申します

名の通り以前はパチスロに明け暮れる日々を送っていましたが、あることをきっかけに鉄道写真を復活しました

私の撮影場所の多くは駅です
たかが駅撮りなのですが、私にとって「どこで撮った」のかが解るように。との選択の結果です

撮影場所もかなり偏ってしまいつまらないかも知れませんが、どうぞちょっとだけでも見てやってください

QR

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2Blog Ranking

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -