fc2ブログ

今日もでかけよう!鉄道写真と温泉のブログ SEAZON2 続編

私の撮り鉄のスタイルはどこで撮ったのかが解るように駅撮りが基本です また、撮影後は疲れを癒しによく温泉にも行ってます

みなさん、こんばんは


いよいよゴールデンウィークも後半戦に突入しました
でも、私はというと今日から六日間連続出勤が始まりました








その初日は午前8時30分から始まる日勤帯の仕事です
午前中は晴れていたものの、時間が経つにつれて雲行きは怪しくなり夜には雨が降って来ました








そんな私にとってのゴールデンウィークは先日明けた深夜勤の翌日からの三日間だけでした
その初日は妻を連れて久々に狩勝峠を越えてみました

もちろん明るい時間帯は撮り鉄に付き合ってもらい、撮影後は至福のひと時を楽しみに行きました
今回行った温泉はガイドブックなどの書物ではなく、妻が落合駅から列車に乗り新得駅で下車した時に駅にあった
観光案内マップを参考にして行ったのでした

行った先は


大きな地図で見る

20120503-1.jpg
士幌町にあるちょっとだけ古びた感じのする温泉旅館でした
フロントで料金を支払うのですが、1,000円を渡すと400円もお釣りが返ってきました
ということは入浴料金はおとな300円・・・ですね







20120503-2.jpg
駐車場には車が一台止まっていましたが、お客さんは女性ひとりだったようで、男湯の方は独占状態で湯浴みを
することができました







20120503-3.jpg
さっそく脱衣場に行くのですが、最初に私の目に付いたのは手書きで書かれた注意書きでした
そういえばフロントにいた女性の方はちょっとお若く見えたのですが・・・文字がちょっとだけお洒落な感じが







20120503-4.jpg
20120503-5.jpg
気になる泉質は単純泉で源泉の温度は約30度と低いので加温での利用となっています
早速浴室に行き体を軽く洗い湯浴みをします







20120503-6.jpg
20120503-7.jpg
ご覧のとおり内湯だけのシンプルな造りなのですが、お湯の温度がとても絶妙で私の感じでは41度位に感じました
適温よりは少し温めの温度ということでのんびりゆっくりと湯浴みをすることができました

ここで私は浴槽からお湯が贅沢に流れ出ていたので源泉かけ流しかな?
と思ったのですが、風呂上りに温泉分析書の注意書きをよく読んでみたら循環ろ過と書かれていました

あとで気付いたのですが、温泉の湧出量が毎分34リットルという少な目の量だったのでした
これなら循環ろ過も納得です

そしてカランのお湯も茶色い色だったので温泉水を有効活用しているようでした
風呂から上がった私たちは夕食の心配をするために約5分ほど走った所にある道の駅で芽室町へ行く道を確認です







20120503-8.jpg
ちなみにここの道の駅にも温泉施設が併設されているのですが、こちらの方は結構なお客さんで賑わっていました

さて、そんな私ですが明日は今日よりも30分早く出勤です
なので明日の朝は午前5時過ぎに起床です

次の休みまであと六日・・・長いなぁ
では・・・

コメント:

へぇ~・・・・

こんにちは。
今回はふざけたコメントのタイトルで申し訳ありません。
本当に「へぇ~・・・」だったものですから。
実は、帯広在住時に十勝方面の温泉をほぼ網羅したと自負していたこのワタクシ、この温泉の所在を知りませんでした。

・・・・済みません、もう一度だけ写真と地図、温泉分析表を見かえしましたところ・・・・「へぇ~・・・」を撤回させていただきます。
「下居辺温泉」だったんですね~・・・・当時の「緑風荘」には数回行っておりました・・・「あぁ、もう一軒あったトコだ」と。
地元のお年寄りが「ここは同じモール温泉でも、十勝川よりはずっと濃いんだよ」と教えてもらった記憶があります。

こんな感じだったんですね~・・・とても参考になりました。

タケちゃんさま

こんばんは
私も最初は道の駅に併設されている温泉しか知らなかったのですが、ガイドマップをみると周辺にはどうも
3軒ほど温泉施設があるようです
道の駅の温泉とは違い、閑散としてのんびりと入浴できる落ち着いたいい温泉でした

でもですねぇ、このあと芽室町で豚丼を食べ家に戻ってから数時間後には美々駅にいたんですよ・・・自分は
さすがに美々駅では激眠状態でした

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

https://dd511165.blog.fc2.com/tb.php/184-960bbd19

爺じゃ

Author:爺じゃ
みなさん、こんにちは
管理人の爺じゃと申します

名の通り以前はパチスロに明け暮れる日々を送っていましたが、あることをきっかけに鉄道写真を復活しました

私の撮影場所の多くは駅です
たかが駅撮りなのですが、私にとって「どこで撮った」のかが解るように。との選択の結果です

撮影場所もかなり偏ってしまいつまらないかも知れませんが、どうぞちょっとだけでも見てやってください

QR

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2Blog Ranking

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -