fc2ブログ

今日もでかけよう!鉄道写真と温泉のブログ SEAZON2 続編

私の撮り鉄のスタイルはどこで撮ったのかが解るように駅撮りが基本です また、撮影後は疲れを癒しによく温泉にも行ってます

みなさん、こんばんは



先週の木曜日から4日間仕事だった私は、月曜日・火曜日と連休でした
実はこの両日、ちょっとした魂胆があってどこにも出かけてません

どこにも、なんて書くと語弊があるかも知れませんが、昨日は妻と疲れを癒しに温泉に行ってきました








20220126-1.jpg

行った先は家からなんと100キロも離れている白金温泉です

100キロなんて書くとかなり遠いイメージがあるかも知れませんが、わが町からの道中はほとんど
信号もなくのんびり制限速度で走っても約2時間で行き着きます

そんな温泉ではたっぷり2時間も湯浴みをして疲れを癒しました
そして、そのあとで待っているのは待望の晩ごはんですが、同じ美瑛町内にある








20220126-2.jpg

20220126-3.jpg

上川郡美瑛町大町2丁目     なると屋 美瑛店

一度行ってみたかったお店がなんと美瑛町にあったので、ここで豪華ディナーを頂きました
若鳥の半身揚げ、美味かったな

ということで、今夜も前回の続きです
前回は池田園駅で写真を撮り、午後5時過ぎに列車を見送ってから今宵の宿に向かいました

ただ、宿に行く前に腹ごしらえを先にしました








20220126-4.jpg

20220126-5.jpg 20220126-6.jpg

20220126-7.jpg 20220126-8.jpg

向かった先は少なくとも30年以上はお店が続いているお気に入りの回転ずしのお店です
あの当時のお店の名前は『ひゃくまるくん』

名の通り1皿100円だったのですが、消費増税されるのを機に店名が変わりました
ここではなんとみそ汁などのサブメニューも含め12皿も頂きました

お腹に満足してもらったあとは宿へと向かうのですが








20220126-9a.jpg

いつも不思議に思うのは、函館市電と並行する道路は2車線じゃないよな
なんで函館市民は無理して2車線になって走ろうとするんですかね








20220126-9b.jpg

20220126-10.jpg

20220126-11.jpg

そんな今宵の宿にチェックインをしたのは午後7時30分過ぎ
ここで、2年ぶりに湯の川温泉の高温泉を2度も堪能しました

ちなみに、私が函館で質素に宿泊をするなら毎回ここに泊ってます
客室内はお世辞にも広くはありませんが、料金が今回は素泊まりで入湯税込みで 3,500円

函館駅近くにもこれくらいの料金で格安で宿泊できるホテルはありますが、どうせ温泉に入るんだったら
この宿は本当にお勧めです








20220126-12.jpg

寝る前にも湯浴みをし、客室に戻ってから窓から見える夜景の写真を撮ってから眠りにつきました
そして、寝ること約8時間

さすがに前夜は車中仮眠だったのでぐっすり眠ることができました
目が覚めてから身支度をし、午前8時40分頃に湯の川温泉をあとにしました

この日は家に帰りながらの撮影ですが、最初はどこに行ったのか? というと・・・








20220126-13.jpg

20220126-14.jpg

大沼公園駅近く(歩くと数分はかかる)にあるお店で大沼だんごを買ってみました
このだんごは家に持って帰り妻のお土産にしました

ここでだんごを買ってからこの日最初の駅に行き着き








20220126-15.jpg

これが撮り始めの画となりました








はて、現在のわが町は氷点下 7.4℃でまずまずの冷え込みでしょうか
1月頭に毎日荒天で悩みましたが、さすがにここ数日はドカ雪も降ってません

ただ、今週は土曜日が終日雪の天気予報になってます
予想降雪量も5mmとなっているので小雪が舞う程度で収まってくれればいいのですが

では・・・














コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

https://dd511165.blog.fc2.com/tb.php/2360-776088ce

爺じゃ

Author:爺じゃ
みなさん、こんにちは
管理人の爺じゃと申します

名の通り以前はパチスロに明け暮れる日々を送っていましたが、あることをきっかけに鉄道写真を復活しました

私の撮影場所の多くは駅です
たかが駅撮りなのですが、私にとって「どこで撮った」のかが解るように。との選択の結果です

撮影場所もかなり偏ってしまいつまらないかも知れませんが、どうぞちょっとだけでも見てやってください

QR

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2Blog Ranking

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -