fc2ブログ

今日もでかけよう!鉄道写真と温泉のブログ SEAZON2 続編

私の撮り鉄のスタイルはどこで撮ったのかが解るように駅撮りが基本です また、撮影後は疲れを癒しによく温泉にも行ってます

みなさん、こんばんは



今日は仕事が休みではありましたが、木曜日から三日間ほど続いた早朝出勤の疲労が残っていたのと休みは今日一日だけだったので
目が覚めるまで寝てやろうと昨夜は私にしては珍しく日が変わる前に寝てみました








さすがに夜更かしをしないで寝ると目が覚めるのも早く午前9時頃に目が覚めました
ただ、ここで起き上らないで目を閉じてみるといつしか意識を失っていて次に目が覚めると午前10時30分頃になっていました

これだけ寝るともう十分ですね・・・ここで起き上り居間に行き文字レス画像のみアップしているブログを更新してからお昼過ぎまでボーっとしてました
ただ、一日こんな感じで過ごすには勿体なかったので午後からはカメラを持って出かけてみました







20130609-14  61D 特急サロベツ
61D  特急 サロベツ







20130609-15  2019M  スーパーカムイ19号
2019M  スーパーカムイ19号

こんな感じで今日は撮り鉄をしてから温泉に行き疲れを癒してきました
で、今夜アップする温泉は今日行ったものではなく5月下旬に行った上富良野町の温泉です








大きな地図で見る

20130609-1  上富良野町 カミホロ荘
家から約90キロほど離れたカミホロ荘です







20130609-2  カミホロ荘
ちなみに私がここに来る時はどんな時なのか? というと、地元で撮り鉄をしている時に天気が悪くて気分が乗らなかった時だったりします

確かこの日は傘がないと濡れる様な雨降りだったと思います
そんな時は撮影もあっさり諦めて温泉に行ってのんびりするのもいいのかなぁ







20130609-3.jpg
道道291号吹上上富良野泉の急勾配をゆっくりと登って行くと最初に現れるのは『ヒュッテバーデンかみふらの』なのですが、建物の前に行ってみると
除雪がされてなくて中に入れる様子はありませんでした

その時は冬季休業中なのだろうと思っていたのですが、今夜改めてH・Pを見てみると現在も全館休業中のようです
なのでこの時はもう少し上にあるカミホロ荘に行ったという訳だったのです
5月下旬とはいえ標高の高い所ですから雪はまだ背丈以上にありました

そんななかで入浴料金600円を支払って早速お風呂へと向かいました
以前にも来たことがあったのですが、誰かいるかなぁ・・・と思いながらのれんを潜り抜けると脱衣場のかごには衣服はゼロでした

なので独占確定ですね







20130609-4  温泉分析書
20130609-5  温泉分析書
気になる泉質ですが、アルミニウム・カルシウム-硫酸塩泉で源泉の温度は約29度と低いので加温のうえ源泉かけ流しでの利用となっています

さっそく独占のできる浴室へ急ぎました







20130609-6  内湯①20130609-7  内湯②
日曜日の午後とはいえ下界からは約20キロもの距離があるのでそう簡単に来る人もいないのでしょう
この時は約20分ほど独占状態が続きました







20130609-8  露天風呂
ここのお風呂はなんと言っても露天風呂からの景色なのでしょうね
でも、私が来る時は先にも書きましたが天気の悪い時です

まあ、いつか絶景の時に来てみたいとは思ってますけどね







20130609-9  洗い場
そして洗い場の写真を撮ったところで人の気配を感じたのでここで撮影はお終いです
湯の華たっぷりのこの温泉でこの時はのんびりと湯浴みを楽しみました

さて、風呂からあがりあとは下界に行って晩ご飯でも・・・と思ったのですが、ここで市街地に降りてからだとかなり腹も減るかなぁ~なんて思い







20130609-10  せっかくなのでここで晩ごはんでも
ちょっと値段は張りましたがここで晩ごはんを食べることにしました







20130609-11  上富良野豚鉄板焼き御膳
目の前に出てきたのは上富良野豚鉄板焼き御膳(1,500円)です
さて、お味はどんなものか? と鉄板でお肉を焼くのですが







20130609-12  上富良野豚鉄板焼き御膳①20130609-13  上富良野豚鉄板焼き御膳
焼きあがったお肉をタレにつけて食べるのですが、もうこれが柔らかくてとっても美味でした
これなら1,500円を払う価値もあるかなぁ~なんて思いました

量はちょっと少ないと感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、私的にここでは腹一杯たべると飽きちゃうかも知れないので適量がいちばんいいのかも知れません
それでも足りなかったら後日にでも下界に行って適当なお店を見付けて食べればいいだけの話ですからね

さて、明日はまた午前3時起床での仕事が待っているので、記事を更新したらすぐに寝ようかと思います
では・・・



コメント:

こんにちは。

天気が悪いと鉄以外に逃げる、というのはある意味正解ですね。粘っていてもいい写真は撮りにくいし、カメラも傷みますし。
ところで十勝岳の大正火口が青白く光っていて噴火の兆候ではないかとも報道されていますが、爺じゃさまが訪れた時は異常は感じなかったですか?

ミスター54さま

こんにちは
私がこの時十勝岳麓のカミホロ荘に行ったのは5月下旬だったのでその様なことはありませんでした
ただ、ちょっと気になってネットなどで調べてみると昨日やおとといのテレビでのニュースや道新でもその様なことが報道されていました
もし、何らかの変化や噴火の予兆などがあったらそく入山も禁止になるでしょうね
でも、私的に気になったのはカミホロ荘のもうひとつ下にあるバーデンかみふらのです
あそこのお風呂は結構よかったなぁ~と思っていたのですが、今現在は休業中なのだそうです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

https://dd511165.blog.fc2.com/tb.php/520-b5ab9301

爺じゃ

Author:爺じゃ
みなさん、こんにちは
管理人の爺じゃと申します

名の通り以前はパチスロに明け暮れる日々を送っていましたが、あることをきっかけに鉄道写真を復活しました

私の撮影場所の多くは駅です
たかが駅撮りなのですが、私にとって「どこで撮った」のかが解るように。との選択の結果です

撮影場所もかなり偏ってしまいつまらないかも知れませんが、どうぞちょっとだけでも見てやってください

QR

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2Blog Ranking

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -