fc2ブログ

今日もでかけよう!鉄道写真と温泉のブログ SEAZON2 続編

私の撮り鉄のスタイルはどこで撮ったのかが解るように駅撮りが基本です また、撮影後は疲れを癒しによく温泉にも行ってます

みなさん、こんばんは



今日も先週に引き続き午前3時起床で5時からの仕事に行って来ました
その今日ですが、昨日は約10時間ほど寝たせいか布団に入っても目がギンギン状態がしばらく続きました








ウトウトしたなぁ~なんて思っている内に目覚まし時計が鳴り出しました
結局は熟睡できないまま朝を迎えてしまいました

そんな感じで夜を過ごしたので今日の仕事は眠気との戦いとなってしまいました
帰宅後はもちろん夕寝を決行です

その夕寝で寝た僅かな時間はもう本当に気持ちのいい時間でした
そんな私ですが、今日一日だけ仕事をして明日はまた単発ではあるのですが休みです

ですが、明日はちょっと髪が伸びてきたので散髪にでも行って来ようかと思ってます
という事で今夜で三日連続ではありますが温泉のカテゴリを更新しようかと思います

実は昨日もそれまで続いた早起きの疲れを癒そうと







20130610-1  夕張市 夕鹿の湯
わが家から約80キロほどの所にある夕鹿の湯に行って来ました
ここは北海道の方なら知る人ぞ知る前身ユーパロの湯です

入浴料金は600円ですが、回数券を買うと5回分の値段で6回入浴ができます
ただ、わが家からはちょっと遠いので回数券を買うには至りません

で、ここで湯浴みを終えた私は夕張に来た時はかなりの確率で立ち寄る食堂で晩ごはんです







20130610-2  夕張市 だるま亭①20130610-3  夕張市 だるま亭②







20130610-4  だるま亭メニュー20130610-5  ぎょうざ(400円)







20130610-6  しょうゆラーメン(600円)20130610-7  新香巻(650円)
ちょっと欲張っているように見えるかも知れませんが、ぎょうざと新香巻はもちろん妻と半分ずつです
夕張は駅前に行くと屋台村などの飲食店もあるようですが、私的にはだるま亭のようなお店にお金を落としたいですね

ここのお店の料理はどことなくおふくろの味に近いものがあって私はお気に入りなのです
と、まあ前置きは長くなりましたが、今回アップするのは前回江差線遠征の帰りに立ち寄った温泉です








大きな地図で見る

20130610-8  八雲町 おぼこ荘①20130610-9  八雲町 おぼこ荘②
その前回の江差線遠征はまだ雪深かった3月ですので、当然ながら写っている写真もまだ冬景色です







20130610-10  おぼこ荘①20130610-11  おぼこ荘②
そんなおぼこ荘ですが妻とふたりで1,000払って100円お釣りがきたので料金は450円ですね
実はこの時は春3月とはいえまだ初旬でしたのでかなり雪深い時の訪問でした

なのでちょっとだけ期待するのは浴室の独占だったりするのですが







20130610-12  おぼこ荘 温泉分析書

20130610-13  温泉分析書①
20130610-14  温泉分析書②
まずは気になる泉質ですが、ナトリウム・塩化物-炭酸水素塩泉で源泉の温度は(宿のH・Pから)約50度と高温なので加水のうえ源泉かけ流しでの
理容となっています







20130610-15  内湯
さっそく浴室に行くのですが、脱衣場のかごやロッカーに衣服がなかったので暫しの間は独占状態でした
まずは内湯でよーく暖まります

なにせ外は氷点下の気温で、しかもここのお風呂は内湯よりもやっぱり露天風呂が売りですからね







20130610-16  露天風呂①20130610-17  露天風呂②
本当は明るい時にここに来れば周囲の景色もきれいに見えるのでしょうけど、この時期の北海道は午後5時を過ぎるともう暗くなってしまいます
まあ、深々と降る雪を眺めながらの長風呂はとてもよかったですけどね・・・

ちなみにこの時は家に着いたのは午前4時過ぎだったりしました
ここには限りませんが季節があと一か月半も進むと皆さんの嫌な「ファ」の音で飛ぶ虫が多くなりますね

殊に私はコイツに刺されると結構腫れるので真夏の暑い時期はあまり露天風呂には行きません

さて、今夜も夜更かしはしないで早めに寝ようかなぁ~なんて思ってます
では・・・



コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

https://dd511165.blog.fc2.com/tb.php/521-9c2fc481

爺じゃ

Author:爺じゃ
みなさん、こんにちは
管理人の爺じゃと申します

名の通り以前はパチスロに明け暮れる日々を送っていましたが、あることをきっかけに鉄道写真を復活しました

私の撮影場所の多くは駅です
たかが駅撮りなのですが、私にとって「どこで撮った」のかが解るように。との選択の結果です

撮影場所もかなり偏ってしまいつまらないかも知れませんが、どうぞちょっとだけでも見てやってください

QR

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2Blog Ranking

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -